企業会計基準委員会スタッフ(ASBJスタッフ)及び香港公認会計士協会スタッフ(HKICPAスタッフ)は、共同のリサーチ・ペーパー「のれん:企業結合後の会計処理の改善及び定量的調査の更新」を公表しました。

本リサーチ・ペーパーでは、のれんに関する定量的調査の最近の結果を示し、のれんの減損が適時に認識されていない可能性が高いとの観察結果を示しているとのことです。

▼詳しくは以下のASBJウェブサイトをご覧ください。http://c1c.jp/1882/MPzS59/76

  • 投稿日:

お問合せ