金融庁は9月6日、「監査基準の改訂に関する意見書」等を公表しました。

監査基準の改定は下記となります。
・限定付適正意見を表明する場合に、「除外事項に関し重要性はあるが広範性はないと判断し限定付適正意見とした理由を記載しなければならないことを明確」にした

・守秘義務の対象について、「公認会計士法との整合性を図るため、秘密を対象にするものであることを明確」にした

▼詳しくは以下の金融庁ウェブサイトをご覧ください。
http://c1c.jp/1882/kN3mRC/57

  • 投稿日:

お問合せ