22日、国税庁が「法人版事業承税制のあらまし」をウェブサイトに掲載しました。

法人版事業承継税制は、後継者である受贈者・相続人等が、円滑化法の認定を受けている非上場会社の株式等を
贈与又は相続等により取得した場合において、その非上場株式等に係る贈与税・相続税について、一定の要件のもと、その納税を猶予し、後継者の死亡等により、納税が猶予されている贈与税・相続税の納付が免除される制度です。

法人版事業承税制には、これまでの措置である「一般措置」と平成30年度税制改正で創設された「特例措置」があります。今回掲載されたパンフレットでは、「一般措置」と「特例措置」の比較や、納税猶予・免除を受けるための手続きについて記載されています。

▼詳細については国税庁ウェブサイトをごご覧ください。
・「非上場株式等についての贈与税・相続税の納税猶予・免除(法人版事業承継税制)のあらまし」(PDF)
http://c1c.jp/1882/7VPXBS/32
・法人版事業承継税制
http://c1c.jp/1882/73UXyB/32

  • 投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ