国税庁が、令和2年1月15日からAIによる税務相談システムである「チャットボット」の試験導入を開始しました。
試験導入期間は令和2年1月15日(水)から令和2年3月31日(火)です。

「チャットボット」は、チャット(会話)」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、利用者が知りたい情報について、メニューの選択やフリーワード(話し言葉、キーワードなど)を入力するとAI(人工知能)を活用して自動で回答を表示するシステムです。

試験導入でチャットボットに相談できるのは、令和元年分の所得税の確定申告のうち、「医療費控除」や「住宅ローン控除」などの各種控除を中心に、給与収入や年金収入がある方の「よくある質問」ですが、今後は相談事例を蓄積して回答できる範囲を順次拡大予定とのこと。

【試験導入でチャットボットに相談できる事項】
 ・ 給与所得、年金の所得に関すること
 ・ 確定申告の手続に関すること
 ・ 医療費控除、住宅ローン控除に関すること
 ・ 社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、
     地震保険料控除、寄附金控除(ふるさと納税)、雑損控除、寡婦・寡夫控除、
     勤労学生控除、障害者控除、配偶者(特別)控除、扶養控除、基礎控除に関すること
 ・ スマートフォンでe-Tax送信する際の事前準備に関すること

国税庁ホームページのちょっとボットにアクセスすることで利用できます。パソコンのほかスマートフォンやタブレットからも利用可能となっています。

▼詳細については下記国税庁ウェブサイト等をご覧ください。
・確定申告特集「チャットボットに質問する」
http://c1c.jp/1882/5UAREW/72

  • 投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ