国税庁では、税務行政のデジタル・トランスフォーメーションの取組が進められており、この取組をより一層推進するため、令和5年度の国税専門官採用試験から新たな区分(理工・デジタル系)が創設されることになりました。

ICT分野での活躍が期待される理工・デジタル系の人材を求めていることから、試験科目では、専門試験科目には、基礎数学、情報数学・情報工学、物理、化学等が設定されています。

なお、2023(令和5)年度国税専門官採用試験の日程については、今後人事院から発表され次第、掲載されるとのことです。

国税庁から公表されたリーフレットには、国税庁におけるデジタル・ICTスキルの活用部署の紹介や実際に国税局や税務署で働く理工系出身の職員のメッセージなどが掲載されていますので、こちらもご参考ください。

▼詳細は下記国税庁ウェブサイト等をご参考ください。
・【2023(令和5)年度開始】新試験区分(理工・デジタル系)の創設について
http://c1c.jp/1882/xyvLN5/129
・理工・デジタル系リーフレット(PDF)
http://c1c.jp/1882/5mD35h/129

  • 投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問合せ