令和2年5月25日より、Google ChromeおよびMicrosoft Edge(Chromium)から「受付システム」及び「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー」を利用できるようになりました。

さらに令和3年1月には、Google ChromeおよびMicrosoft Edge(Chromium)に対応するソフト・コーナーが拡大する予定となっています。

・e-Taxソフト(Web版)
・NISAコーナー
・FATCAコーナー
・多国籍企業情報の報告コーナー
・CRS報告コーナー
・CSVファイルチェックコーナー

なお、Google ChromeおよびMicrosoft Edge(Chromium)からe-Taxを利用する場合には、事前にChromeウェブストアへアクセスし、Chrome拡張機能をダウンロードする必要があります。

事前準備のための詳細な手順については、国税庁がインストールマニュアルを掲載していますので、そちらをご覧ください。

▼詳細は下記国税庁のウェブサイト等をご参照ください。
・e-Taxは Google Chromeに対応していきます。(令和2年5月25日)
http://c1c.jp/1882/s34nH7/88
・インストールマニュアル(e-Tax 受付システム事前準備セットアップ)(PDF)
http://c1c.jp/1882/JKDNPq/88

  • 投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問合せ