全国で感染例が広がる新型コロナウイルスの影響は、地域の事業者にも広がりを見せています。

ふるさと納税のポータブルである「ふるさとチョイス」では、全国の自治体と連携して、新型コロナウイルスの被害に対し、ふるさと納税の寄付で多角的に支援ができる仕組みが立ち上げられました。

プロジェクトは以下の3つあります。

1.事業者を支援
        学校の臨時休校で給食用の食材の行き場をなくした給食関連事業者や、
 外出自粛で収益減となっている観光関連事業者・外食産業関連事業者・
 花き関連事業者を支援するプロジェクトです。
  影響を受けた事業者に関する返礼品が多数掲載されており、これらの
 返礼品を受け取ることで事業者を応援できます。

2.ガバメントクラウドファンディング(GDF)で支援
  ガバメントクラウドファンディングは自治体がプロジェクトの実行者
 として資金を募る仕組みです。ガバメントクラウドファンディングで
 立ち上がった新型コロナウイルス対策プロジェクトに、ふるさと納税を
 通じて寄付できます。

3.「きふと、」で支援
  学校の臨時休校による給食の停止やこども食堂等の中止による影響もあり、
 収入に不安を抱える全国の子育て家庭にも影響が出ています。
 「きふと、」は、困っている家庭に直接支援の品を送ることができる
 プロジェクトです。選択したお礼の品は、食や収入源の不安を抱える子育て
 家庭に物資の支援を行っている団体や事業に提供されます。
 また、お礼の品を提供する事業者・生産者の中には、新型コロナウイルスの
 影響を受けている事業者もいるため、事業者への支援にもつながります。

これからふるさと納税をされる方は、ふるさと納税を通して今助けが必要な全国の事業者や子育て家庭を応援してみませんか。

▼詳細については下記ウェブサイトをご覧ください。
ふるさとチョイス「ふるさとチョイスで応援。新型コロナウイルス被害に関する支援」
http://c1c.jp/1882/NfYes2/84

  • 投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ